体が弱い

体の弱い看護師は周りにいる看護師が迷惑になってしまうというよりも本当に心配してしまうのであまり無理をしないで欲しいと思う気持ちが強くなります。それでも本人は体が弱くても一生懸命に頑張らなければならないという気持ちを持っているので無理をして働くのですが、無理をして頑張っている姿など見ると、私たちをもっと頼ってくれれば良いのにと思ってくれしまいますね。看護師は自分の体調が悪くても患者さんの為に一生懸命になるのはとても大切なことだと思いますが、余りにも自分の体調が悪いのに無理をして働いてしまえば、長期間の休みが必要になったりすることもあるので、周りにいる看護師に頼って欲しいと思ったりすることが沢山あります。

たまたま体調が悪いという看護師等の場合にはその日1日無理して頑張っていてもさほど心配するような必要はないと思うし、私たちもいつものように仕事をするのですが、もともと体の弱い看護師の場合にはどうしても常に心配してしまう気持ちがあるので仕事をしながらでもその看護師のことを気遣ってしまい、必要以上に声をかけたりしてしまうこともあります。

■無理をする仕事ではない。

体の弱い看護師というのは自分の体調を理由にして仕事を休んでしまうのが大きな迷惑をかけると思っていることが多いので、なかなか自分の体調を理由に休んですることがありません。そのために、日に日に体調が悪くなり顔色が悪いなんて言う事も私たちが見ていると分かるのですが、私たちが気を使って少しお休みをしたらどうかと話をしても一生懸命に頑張るという気持ちばかりが先立ってしまい、なかなか休みが取れないというのが現状です。

でも看護師だって人間ですから体調が悪い時には我慢せずにお休みをすることは決して悪いことではないと思うし、無理をしてしまい本当に倒れてしまったりすることの方が大変なので、出来るだけ職場の皆で協力し合いながら頑張ってきたいと思います。体が弱い看護師さんにはもちろん頑張っていかなくてはならないという気持ちが強いのですが、私たち皆で協力しあって一つの職場を維持していくのですから、少し甘えてくれても良いのになんて思ってしまうこともありますね。こうした部分では体の弱い看護師に対して困ることがあります。遠慮せずに周りの看護師である私たちをたよることも大切だと思います。万が一無理しすぎて自分の体に何か大きな病気などが出てしまえばまた大変なことになるので、無理のしすぎは良くありませんよね。