先生と仲が悪い

一緒に働いている看護師の中に、医師に対してとても批判的な意見を持っている人がいるのですが、先生と仲が悪いので私たち他の看護師が働きにくいと感じてしまうことがあります。もちろん一人一人の看護師が思っている意見や考え方、そして先生が持っている意見や考え方というのはまったく違っているものですから時にはぶつかってしまって反感を持ってしまうなんて言う事もありますが、あからさまにその看護師は先生に対して反感の気持ちをぶつけたり態度に出したりするので当然雰囲気が悪くなってしまい、一緒に働いている私たちまで気まずい雰囲気に包まれてしまうことがあります。

特に、患者さんの病室を巡回しなければならないといった場合など、先生とその看護師がペアになると、あからさまに他の看護師に代わってほしいとお願いすることなどがあり、そういった姿を先生も目にしているので自分がその看護師とは気が合わないということは先生も自覚しているようです。それでもやはり先生の方が大人ですから我慢をしてその看護師に声をかけ巡回が始まるのですが、その看護師はあからさまに不機嫌な顔をしながら巡回をしているので、患者さんからのイメージも悪いと思います。

■患者さんには全く関係がないこと

どんなに自分の中で先生に対する反感を持っていたりしても患者さんには全く関係のないことであり、看護師としてはそういった自分の私情を挟まずに看護を行っていかなければならないのに、患者さんの病室を巡回する際に不機嫌な顔を見せてしまうというのら本当に良くないことだと思っています。私も何度か注意したことがあるのですが、どうしても自分の私情を挟んでしまうようで、その先生と一緒に巡回などの日には朝から不機嫌な顔をしています。

敏感な患者さんの場合には、そういった雰囲気もしっかりと把握しますから、他の看護師が巡回に行った時に、その看護師のことを嫌だと言って否定することもあるし、他の看護師にもこうやって迷惑がかかっているということをしっかりわかってほしいと思いますね。社会に出て働いているということはもちろんですが看護師として患者さんの気持ちを最優先に考えなければならない職業なので、自分の気持ちは後回しにしてしっかりと患者さんに接して欲しいと思います。先生との関係については個人的なものだし、反感を持っていることについても、私達が口を出すことではないと思いますが、仕事に影響が出てしまうという部分では本当に困るので私達もこれからさらに注意を重ねていくつもりでいます。

気が弱い男性看護師

私と同期の男性看護師はとても気が弱くて、職場で仕事しながらでもいつも他の女性看護師に押されています。押されているのは決して悪いことだと思いませんが、あまりにも気が弱いために自分の思っていることが言えない部分があり、自分が他の仕事をしている時に他の仕事を強引に押し付けられてしまい断ることができない姿を見ているともう少しはっきりした方が良いのにと思ってしまいますね。

まずはやっぱり自分の仕事をしっかりとこなすことができなければ、誰かに頼まれて仕事をこなすこともできないし、誰かに頼まれて仕事ばかりを優先していても自分の仕事がおろそかになってしまいます。特に男性の看護師が少ない職場などには多いことだと言われていますが、私の同期ら本当に気が弱いので言われた事は何でもハイハイと答えてしまうし、答えた後で後悔したような表情をしていることもあります。

■周りが考えないなら自分がしっかりする

私の場合には同期の看護師の性格をよくわかっているので無理なお願いをしたりすることありませんが、やはり気が弱いために何でも引き受けてしまうということをわかっている先輩看護師などは無理な仕事を押し付けたりしていることがあり、こういった場面を見ていると私はイライラしてしまうようなこともあるのですが、周りがこうしたことを理解することができないのであれば、本人がしっかりするしかないと思っています。周りがわからずに次々に仕事押し付けられてしまい最終的に困るの自分なので、はっきりと断る事も必要ですよね。

それに私の性格上、このようにはっきりと断ることかできない看護師を見ているとどうしても大変な姿を見て助けてしまうようなところもあるので、自分自身の仕事も増えてしまうし、こういった部分でも少し困ってると感じることがあります。はっきりと言うべきところは言わなければならないと思うし、もちろん周りも配慮しなければなりませんが、周りが頼ってばかりの状況の中では自分自身がはっきりと断っていくことも非常に大切だと思います。特に男性ですから気が弱いということを理由にしたりするのではなく、無理なものは無理とハッキリ意思表示をしていくべきではないでしょうか。気が弱い看護師が一緒に働いていると心配になってしまう気持ちもあるし。イライラする気持ちもあるので、私自身もストレスに感じてしまうことがあります。特に先輩看護師などの中には無理なお願いをしてばかりの人もいるので、こういった先輩看護師ももう少し配慮して後輩看護師が大変な思いをしないように協力していくべきではないでしょうか。

合コン好き

仕事が終わってからの時間やお休みの時間というのは看護師はそれぞれに自由に過ごすことができますから、もちろん誰も干渉しません。しかし中には合コンが大好きな看護師がいてこのような看護師は職場にまで合コンの話を持ち込んだりすることがあるので、困ると思います。例えば自分が合コンに参加した話をするなんていうのであればある程度話を聞いたりすることができるのですが、職場の看護師を次から次に合コンに誘ったりするのはやっぱり迷惑だと感じられてしまうことですね。

中にはあまりにも合コンが好きすぎてしまい患者さんから合コンに誘われた時に、危うく誘いに乗ってしまいそうな看護師もいたので、その場に居合わせた私はすぐに話を遮断しました。常に仕事をしていても合コン相手から連絡が来るの待ってたり、ソワソワした様子を見せたりすることもあったのですが、こうした姿というのは誰がみても良いものではありません。

■わきまえることが大切。

合コンが好きだということに対しては否定するつもりもありませんし、その人その人の好みだったり趣味だったりするので良いとは思いますが、やっぱり職場に持ち込んでしまうというのは決して良い事ではありませんよね。プライベートで合コンを楽しんで仕事をする時はしっかりとスイッチの切り替えをしなければ他の看護師さんからの印象が悪くなってしまうし、中にはそういった話が嫌いな患者さんなどもいるので、患者さんからのクレームが出てしまうなんて言う事もあります。

それに職場の看護師を誘うという部分についても、やっぱり嫌がる看護師はふえていて、それでも先輩看護師に誘われると断れず悩んでいるなんていう看護師がいる事も忘れてはならないことだと思います。単純に食事や飲み会に誘っているのとは違っていますから、合コンが嫌いな人がいることや、あまりにも合コンが好きだということをアピールしていると周りの人に軽蔑した目で見られてしまうということを少し覚えてほしいですね。合コンそのものを否定するつもりはありませんが、合コンが好きだからといって合コンを仕事に持ち込んだり、職場の仲間に迷惑かけてしまうというのは良いことではないと思います。どんなに合コンが好きでも、仕事とは切り分けてプライベートで楽しむべきではないでしょうか。もう少し職場の空気を読んで合コンの話をして欲しいと思ったりする事も多々あります。このようにその場の雰囲気をしっかり掴んでいくこと看護師として、そして社会人として大切なことですよね。

体が弱い

体の弱い看護師は周りにいる看護師が迷惑になってしまうというよりも本当に心配してしまうのであまり無理をしないで欲しいと思う気持ちが強くなります。それでも本人は体が弱くても一生懸命に頑張らなければならないという気持ちを持っているので無理をして働くのですが、無理をして頑張っている姿など見ると、私たちをもっと頼ってくれれば良いのにと思ってくれしまいますね。看護師は自分の体調が悪くても患者さんの為に一生懸命になるのはとても大切なことだと思いますが、余りにも自分の体調が悪いのに無理をして働いてしまえば、長期間の休みが必要になったりすることもあるので、周りにいる看護師に頼って欲しいと思ったりすることが沢山あります。

たまたま体調が悪いという看護師等の場合にはその日1日無理して頑張っていてもさほど心配するような必要はないと思うし、私たちもいつものように仕事をするのですが、もともと体の弱い看護師の場合にはどうしても常に心配してしまう気持ちがあるので仕事をしながらでもその看護師のことを気遣ってしまい、必要以上に声をかけたりしてしまうこともあります。

■無理をする仕事ではない。

体の弱い看護師というのは自分の体調を理由にして仕事を休んでしまうのが大きな迷惑をかけると思っていることが多いので、なかなか自分の体調を理由に休んですることがありません。そのために、日に日に体調が悪くなり顔色が悪いなんて言う事も私たちが見ていると分かるのですが、私たちが気を使って少しお休みをしたらどうかと話をしても一生懸命に頑張るという気持ちばかりが先立ってしまい、なかなか休みが取れないというのが現状です。

でも看護師だって人間ですから体調が悪い時には我慢せずにお休みをすることは決して悪いことではないと思うし、無理をしてしまい本当に倒れてしまったりすることの方が大変なので、出来るだけ職場の皆で協力し合いながら頑張ってきたいと思います。体が弱い看護師さんにはもちろん頑張っていかなくてはならないという気持ちが強いのですが、私たち皆で協力しあって一つの職場を維持していくのですから、少し甘えてくれても良いのになんて思ってしまうこともありますね。こうした部分では体の弱い看護師に対して困ることがあります。遠慮せずに周りの看護師である私たちをたよることも大切だと思います。万が一無理しすぎて自分の体に何か大きな病気などが出てしまえばまた大変なことになるので、無理のしすぎは良くありませんよね。

のろけてばかり

看護師だって人間だし特に女性が多いから、恋愛を楽しみながらの看護師の仕事を続けているなんて言う人がたくさんいると思います。実際に私だって恋愛をしながら看護師として働いていますが、なかには自分の恋愛をアピールしていて職場でノロけてばかりの看護師がいます。もちろん仕事そのものはしっかりとしているのですが、患者さんに対してノロけ話を聞かせてしまうような看護師の場合にはとても困ります。

患者さんの中には興味本位で看護師に対して彼氏がいるのか、恋愛をしているのかと聞いてくるような人がいるのですが、こんな時でも多くの看護師が上手に話をそらしたりするものだと思います。でも中にはこのような質問が飛んでくると、待ってましたとばかりに自分の恋愛を次々と患者さんに聞かせてしまい、本当は次の病室に巡回をしなければいけないのにひたすら長々と話をしてしまうなんていうことがあるんです。自分の恋愛がうまくいっていれば確かにノロけ話を聞いて欲しいという気持ちになりますが、ここはやっぱり看護師として自粛しなければならない部分ですね。

■休憩時間やナースステーションでも

このようにのけてばかりいる看護師というのは患者さんの前でノロけ話をしてしまう事はもちろんですが、休憩時間やナースステーションでも他の看護師に対して自分のノロケ話を披露しています。女性同士なので最初はみんな興味本位で聞いているのですが、毎日のように聞いていれば、聞きたくなる人はいませんよね。そのために何度かノロけ話を聞いているうちに誰も耳を傾けなくなってしまいます。

特に職場そのものが忙しいときなどにノロけ話をしていると他の看護師がイライラとしている空気が伝わってくるので、出来るだけ他の話をしようと思ったりすることもあるのですが、一度ノロけ出してしまうといつまでもノロけているのでフォローしようと思っていてもフォローのしようがありません。こうした看護師には本当に何度か困らされた事があります。特に若い看護師に多い傾向にありますが、そうではなく、ある程度年齢を重ねた看護師でも久しぶりの恋愛などが始まると、ノロけてしまう人がいるので、できるだけ仕事には連絡持ち込まないようにして欲しいと思いますね。ノロけたい気持ちはわかりますが、ほどほどにまずは仕事に集中して欲しいと思うし、患者さんにに対して自分のノロけ話を聞かせるなんて言う事も控えて欲しいと思います。

時間にルーズ

看護師に限ったことありませんが時間にルーズな人というのはどんな世界でもダメと言えますね。ただ、特に看護師の場合には時間にルーズな看護師がいると、引継ぎをするにもしっかりとした引き継ぎができないので引継ぎをする看護師は自宅に帰ることもできず、待っていなければなりません。そういった事情がわかってながらも時間にルーズで何度も何度も遅刻してしまうような看護師は本当に困ります。

また出勤時間だけではなく、研修が始まるという時間にもルーズに遅刻してしまうような看護師もいます。一度休憩時間に入ってしまうとなかなか戻ってこないなんていう看護師もいるので、このようにルーズだと言う部分でも困りますね。例えば手術の予定があるときなどは絶対に遅れてはいけないし時間にルーズな看護師が1人いるだけで手術を開始することができないので、もちろん時間にルーズな看護師というのは手術に立ち会うことができませんし、スタッフからは外されてしまいます。それでもやっぱり自覚がない看護師というのは何度も遅刻を繰り返したりするものなんですよね。

■たくさんの人に迷惑をかける

時間にルーズな看護師というのは自分がルーズだからどれだけ沢山の人に迷惑がかかっているのかということが把握できていないようですが、時間にルーズで自分が遅刻してしまっただけで本当に沢山の人に迷惑をかけている事も少しわかってもらいたいと思います。どれだけの人に迷惑かかるのかということをしっかりと把握してくれないと、もちろん患者さんにも迷惑がかかるわけだし、フォローする私たち他の看護師だって困ることになります。

遅刻する方は数分の遅刻だと思っているのかもしれませんが、その数分をフォローはさなければならない看護師は何人もいるということを忘れないで欲しいと思いますね。1人の看護師が自分の仕事ができず、他の仕事のフォローしなければならない状況になると、また他の看護師だって次々にフォローしなければならない状態となるため、ペース的に多くの看護師、そして患者さんに迷惑がかかることになります。看護師として働いていく自覚があるのであればこうした所をしっかりと意識していなければなりませんよね。私はこれまで働いてきて本当に困ると思った看護師は時間にルーズな看護師です。やっぱり時間をしっかりと守るべきだし、時間を守ろうという意識をしておくべきだと思いますね。自分で意識をしなければいつまでも時間にルーズだという人は直らないと思います。

患者に敬語を使わない

最近のテレビでも若者が正しい日本語を使えないなんて時々放送されていますが、実際に年齢の若い看護師というのは何かを勘違いしてしまっている部分があるようで、患者さんや患者さんのご家族に対して敬語を使うことができない場面があります。もちろん私たちのように経験を持っている看護師も場面によっては患者さんや患者さんのご家族に敬語を使っているわけではなく、もっと親しみやすい言葉で話をしたりすることもありますが、それはあくまでもコミュニケーションの一環であり、初めから全く敬語を使わないで話すなんて言う事はありません。例えば長く入院している患者さんなどになると気心が知れますので、毎日の挨拶はおはようございますからおはようになったりすることもありますね。

でも以前私が注意した看護師はこのような部分もしっかりと敬語をを使うことはできないし、敬語というよりも、常識をまずしっかりと覚えられていないので、患者さんや患者さんのご家族に注意されることもたくさんありました。例えば患者さんに治療や投薬などを指示する際にも敬語を使わずに、まるで友達のように命令口調の感覚で指示をしてしまうので当然患者さんにしてみたら気分が悪くなりますよや。でもその当日の看護師はこれが当たり前だと思っていたようです。看護師が患者さんより偉いなんていう意識を持っていたら、看護師を続けていくことはできません。

■親しき仲にも礼儀あり

どんなに仲良くなった患者さんであってもやり最低限のラインというものは守っていかなくてはなりませんよね。そのために長期間の入院となりコミュニケーションが取れている患者さんに対しても敬語とそうではない部分とを使い分けていかなくてはなりません。もちろん全てを敬語にしてしまうのではなく、もう少し親近感があるような話し方をしてあげることによって患者さんの不安を取り除いたりすることができるのですが、そうではなく初めから敬語を使う事ができない看護師というのは不安を取り除くどころか患者さんに不安を与えてしまったり不満を持たせてしまったりすることが多いので本当に強く注意しました。

何度も強く注意したことによって今では改善されていますが、あの当時は沢山の患者さんからのクレームがあり、すぐには治らなかったのでその分患者さんににも不愉快な思いをさせてしまったと思います。ただ看護師としては一生懸命になって頑張ろうと思っている姿があるので、必要以上に注意することはありませんが、最低限守らなければいけない礼儀として患者さんに敬語を使うなんていうのがのは当たり前のことなので、覚えておいてほしいですね。

派手すぎる

看護師の外見は比較的地味なものだと思いますが、私が以前働いていた職場にはすごく派手な看護師がいました。この看護師は年齢が若いということもあり、髪の毛は茶髪に近いし、足の爪に塗っているペディキュアなども蛍光色に近い色を塗っていて、歩いていても足の爪だけがすごく目立っていたし、メイクそのものも比較的濃いので、患者さんからも様々なクレームがありました。またこれだけでなく職場なのに大きなピアスをつけてきたりすることもあったし、通勤ですごく派手なブレスレットをつけてきたなんて言う事もあります。もちろん仕事中にブレスレットなどは装着することができないのではずしていましたが、出勤するためにわざわざ派手なブレスレットをする必要があるのかと何度も思ったことがあります。

患者さんの中には蛍光色のペディキュアなどを嫌う人もいますし、それだけで気分が悪くなってしまうなんて言う人もいるので、そういった部分を考えて看護師は出来るだけ地味に、マニキュアやペディキアを控えるようにしているのですが、この看護師は患者さんの気持ちなんてまったく考えずに自分のオシャレばかりを優先させていたので他の看護師からも何度も注意されていました。

■オシャレはプライベートで愉しむ

もちろん女性ですから、オシャレを楽しみたいというのは当たり前だと思いますが、看護師という仕事をしている以上は自分のオシャレを楽しみたいという気持ちは抑えた上で働いていかなくてはなりません。そのために職場に入ったら派手な雰囲気を出さないようにしなければならないのですが、この看護師の場合は、プライベートと仕事が混同していたようです。

最終的には婦長から何度も注意を受けてある程度、外見も落ち着いたのですが、それまでは本当に何度も派手なメイクやヘアスタイルをしてきた事があり、私を含め他の看護師からも評判が良くありませんでした。もちろん患者さんからの評判も悪かったし、担当の患者さんを持たせてもらうこともできずに毎日雑用などをしていました。今は職場が変わってしまったのであの看護師がどのように働いているのかはわかりませんが、やっぱり看護師は患者さんの気持ちを大事に考えなければならないから、自分の趣味はプライベートで楽しむものだと割り切るようにしなければなりませんよね。ここが割り切れずに仕事をするにも自分のオシャレを最優先させてしまうようではある意味で看護師失格だと思うし、患者さんの気持ちをしっかりと考えていないと思います。