気が短い

看護師は穏やかな性格の人が多いと思われているかもしれませんが、案外そんなこともなく気の短い看護師さんいます。特に一緒に働いている看護師の気が短かったりすると他の看護師はとても困ることはたくさんありますね。とにかく気の短い看護師というのは患者さに対しても怒ってしまうことが多く、患者さんが驚いてしまったりすることもあります。患者さんには患者さんのペースがありますから、こちらが指示していることをその場で実践してくれたりする人と、そうではなく時間がかかってしまう人もいるのですが、こういった患者さんのペースに合わせずに自分のペースだけで次々と患者さんに指示してしまい、なおかつ患者さんが迅速に指示にしたがってくれないと怒ってしまうような看護師は本当に困ります。

それに気の短い看護師というのは外来の当直などをしていても仕事しながらイライラすることが多く、例えば患者さんが心配で先生に聞いてほしいこと等を看護師に伝えても、ものすごく冷たくあしらってしまうなんていうことがあります。その他にも患者さんのご家族から質問を受けた時などにも自分が説明している内容をしっかり理解してくれないと、それ以上は説明せずにその場から離れてしまうなんていう看護師がいたので、その時には本当に困りました。気が短いのはプライベートだけにしてほしいと思いますよね。

■喧嘩になる直前

あまりにも気の短い看護師は上記したように患者さんとの関係もうまくいきませんから患者さんや患者さんのご家族と喧嘩になってしまいそうな時もあります。雰囲気を察してすぐに他の看護師がフォローに入るのですが、万が一他の看護師に気づかないままでいたら、間違いなく喧嘩になっているという場面に何度も遭遇したことあります。

また患者さんや患者さんのご家族だけではなく一緒に働いてる看護師同士でも意見がぶつかり合ったり、あまりにも気が短くてイライラして他の看護師に八つ当たりをしたことによって他の看護師と喧嘩になってしまうなんて言う事もあったので、どんなに気が短くても仕事ですから自分の気持ちばかりを前面に押し出すのではなく、しっかりと協調性をもって働いてほしいと思います。自分だけが働いているわけでもなく、他の看護師も一緒に働いているということを忘れなければ気が短くて喧嘩になってしまうなんて言う事も防いでいけると思うので、私は特に気の短い看護師が同じ職場にいると本当に困ったと思ってしまいます。

集中力がない

私はこれまで主に働いていて本当に困ったと思う看護師はとにかく集中力がない看護師でした。一つの事を伝えておいてもその仕事をしている最中に他の事を指示されてしまうと、今までしていた仕事を忘れて次の仕事に移ってしまうんです。だから他の仕事も中途半端に終わってしまうような事があり特に書類整理やカルテの管理などの仕事というのは中途半端に終わらせてしまうと困ることはたくさんあるので集中力がない看護師っていうのは本当に何度も注意しました。でもやっぱり注意していても集中力がないのでしっかりと言われていることを聞いていないし、同じことを何度も繰り返しました。

性格的なものだから仕方がないと思いつつも、やっぱりあまりにも集中力がなければ注意しているわけにはいかず、きつく叱ってしまうことだってありました。看護師は特に集中力をもって仕事をしていなければならないのに集中力が散漫でしっかりと指示を聞いていないなんて言ったら、例えば患者さんの看護をしていくにも大きなトラブルに発展してしまう原因なので、もう少し集中力を身につけてほしいと思いましたね。仕事に対してだけではなくプライベートも集中力がないと指摘されることが多いようで、小さな頃からいつも指摘されると聞きました。本人が自覚しているにもかかわらず直らないというとは周りらもっと思ってしまいます。

■意識の問題

どんなに集中力がないと言われていてもやっぱり仕事に対しては意識の問題だと思うんです。自分の責任をしっかりと感じていれば誰かに仕事の内容で指示されたことがあれば、意識して仕事をこなすようになると思うし、患者さんに対しても意識して接するようになると思います。しかし、意識をしていないからこそ集中力は散漫になってしまい仕事がおろそかになったり、患者さんに対する接し方も中途半端になったりするのではないでしょうか。

あまりにも中途半端な状態で仕事をしてしまうと患者さんにも悪いイメージを与えてしまうし、仕事をしていても困ることはたくさんありますから、本当に集中力をしっかりと持っていなければ私たちにも大きな迷惑がかかるし、もう少ししっかりと意識して欲しいと思います。一つのことしかできないタイプの人もいますが、そのように集中力がないのであれば、まずは一つのことをしっかりと終わらせてから次のことをこなすように自分で意識して欲しいですね。そうしないと全てのことが中途半端になってしまい結局は他の看護師がフォローしなければいけなくなります。

家に帰った時の子供の顔が楽しみ

僕の楽しみは仕事を頑張って自宅に帰った時に子供が笑顔で迎えてくれる瞬間です。病院の仕事というのは常に気を張っているのでストレスがたまってしまったりすることもあるし、先生や患者さんから嫌な事を言われて気分が悪くなり凹んでいるなんていう時もありますが、仕事が終わって家に帰った時に子供の顔を見た瞬間、それまでの疲れなんてどこかに行ってしまいますね。僕は仕事が終わって家に帰ってから子供と風呂に入るようにしているのですが、お風呂の中で様々な話を聞かせてくれる子供の顔を見ていると本当に疲れなどが癒されます。

子はかすがいと言いますが、これは本当のことだと実感します。僕の帰りが遅くなっていてもできるだけ眠らずに待っていてくれるし、毎日の幼稚園での話を聞かせてくれるので、これが僕の楽しみです。仕事で辛いこともたくさんあるけど、家に帰れば子供の笑顔が見えるし、そう思うと辛いことがあっても仕事が頑張れます。夜勤が続いてしまう時は子供の顔が見えないのでさみしくなりますが、そんな時はいつも写真を見ながら頑張るようにしています。

■子供の方が大人?

休みの日になると僕は子供を連れてどこかに遊びに行こうと思うのですが、子供の方が大人で、僕が仕事で疲れていることをしっかりとわかっているので僕が休みになるとわざと遅い時間まで寝たふりしていたりすることがあります。僕は早く起きてどこかに遊びに行こうと考えるのですが、子供は気を使って寝たふりをしていて、お昼過ぎからゆっくり遊び休日を過ごすというのが最近の楽しみになってきていますね。

でもやっぱりあまり連れて行ってあげることができないので、テーマパークなどにも連れて行ってみたいと思うし、出来れば連休をとって旅行にも連れていってあげたいな。そんな時があればきっと一日中笑顔を見せてくれると思うし今から楽しみです。僕がどこかに連れて行くことを楽しみにしている子供の気持ちよりも、子供と一緒に出かけることができる僕の気持ちの方が大きくて子供っぽいかもしれませんね。でも看護師の仕事は本当に気を抜くことができないので、家に帰ってからの時間が全てであり、子供の存在が本当に精神的にも癒してくれるので僕の中では一番の楽しみといえます。また仕事中に子供のお遊戯会の様子などをメールで送ってくれる妻にも常に感謝しています。僕ももっと頑張ってたくさんの患者さんから信頼される看護師を目指していこうと思います。

子供の患者の思想が楽しい

小児病棟で働いているとたくさんの子供を見るのですが、子供の思想というのは大人と全く違っているし、子供の視点が全く違っているので、子供の話を聞いたりするのがとても楽しいです。どうしてそんなことを考えられるのかというような思想を持っていたりする子もいるし、絵を書いていても、同じものを書いているにもかかわらず、その時によって全く違う絵に仕上がるのでこういった時間はすごく楽しいですね。

入院生活を送っている子供は沢山の不安を抱えていたりするものですが、それぞれの子供がすごく楽しそうに絵を書いていたり、子供同士で話をしていたりする姿を見ると、私まで何だか笑顔になってしまいます。入院中に抱えている不安を子供なりに皆で分かち合って一生懸命に頑張って乗り越えていこうとしているのだということを感じるし、心の底から応援してあげたいと思いますね。ただその一方でやはり子ども自身の思想には驚かされることもあり、いろいろと想像で沢山の話をしてくれる時の子供の病状などを見ているのがすごく楽しみです。

■言う事を聞かないときにはしっかりと叱る

どんなに子供との時間が楽しくてもあまりにも言うことを聞いてくれなかったりすれば私たちも真剣に叱ったりすることがあります。子供の場合には特に度合いがわからないので、ふざけ過ぎてしまい怪我をするなんて言う事もありますし、自分の病気のことをしっかりとわからずに無理をするなんていうことがあるので、ある程度のラインで注意することもありますが、子供たちがひねくれた気持ちを持たずに私たち看護師の言うことを聞いてくれるのでとても助かります。知らず知らずのうちにこうした繰り返しの中で子供達と看護師の絆も深まっていくのではないでしょうか。

仕事が忙しくて疲れている時でも子供の笑顔を見たり、子供達の思想を聞かせてもらったりするとそれだけで元気が出るような気がします。大人では考えられないような思想を持っているし、絵を書いてもたくさんの色を使って面白いえを書いてくれたりするので、特に看護師の似顔絵などは気持ちが和らぐので嬉しいです。これまで沢山の子供たちから似顔絵を書いてもらいましたが、全て自宅に保管してあり仕事で壁にぶつかってしまった時などは沢山似顔絵を見るようにしています。そうすると不思議と元気が出てくるし、また翌日から頑張る事が出来るんですね。子どもというのは本当に不思議で、知らず知らずのうちに大人に元気をくれていると思います。

社員旅行は最高

私の病院では1年2回社員旅行があります。病院といっても大きな病院ではなくクリニックなので週末は休みですから、1年2回の社員旅行は週末に合わせて行くようにしています。うちの病院の社員旅行は社員だけではなく社員の家族の全員参加してよいので、私は子供を連れて必ず参加するようにしているのですが、毎年行き先も違っているし、多くの場合は海外なので本当に社員旅行が楽しみです。

普段はのんびりと子供を旅行に連れて行ってあげるなんていうこともできないし、社員旅行が近づいてくると子供たちもワクワクしてどこに行くのかと何度も何度も聞いてきたりすることがあります。毎回違うので新鮮な気持ちで旅行を楽しむことができるし、基本的に旅行費や宿泊費用などは病院側で持ってもらえるので自分で使うお金は本当に微々たるものですから経済的にも助かっています。日頃一生懸命に働いている看護師に対して先生からのご褒美代わりに連れて行ってくれるのですが、先生はトータルでいくら支払っているのかなんて気になってしまうこともありますね。でもやっぱりゆっくりとする時間が少ない看護師にとっては、このような社員旅行はすごく貴重なものだし、働いている看護師も先生も皆仲が良いので旅行が本当に楽しい思い出になっています。

■旅行などは気持ちを切り換えて

社員旅行で思う存分に楽しんだ後は翌日から仕事に力を入れなければなりませんが、やっぱり十分楽しんだ後なので、仕事に対する意気込みも違うようですね。普段は疲れきった表情を見せている看護師も旅行の後はとても生き生きとしているし、旅行そのもので疲れているはずなのに皆テンションが高くてすごく楽しい環境の中で仕事ができます。

患者さんの前であまり高いテンションで仕事をしていると批判されてしまうような不安もありましたが、反対に患者さんとしてみると看護師の仲が良くて、和気あいあいとしている病院は安心感があって通いやすいと言われます。確かに看護師同士がギスギスしているようでは悪い雰囲気が伝わってしまうので今の職場のように従業員みんなが仲良い方が良いのかもしれません。こういった部分にはしっかりと先生が配慮して社員旅行に連れてってくれていることがわかっているので、なおさらみんな頑張れるのだと思います。自分で海外旅行に出かけようと思ってもなかなか出かけることができませんが、先生が連れて行ってくれるので先生の言葉に甘えて毎年の海外旅行を楽しみにしています。