潔癖性

患者さんと接していくときには清潔感が保てなければなりません。ですから必ず手の消毒や体全体の消毒などは徹底しなければならないのですが、それとは別の部分で看護師が個人的に潔癖症と言うのは職場の中で他の看護師がすごく困ってしまうような場面がたくさんあります。看護をしていく中で患者さんに対して接するときは必ずその都度消毒をするのですが、それだけではなく、例えば食事が終わった後や書類管理をしている時など、そういった一つ一つの作業が終わった後必ず消毒をしに出かけてしまうので、職場が忙しくバタバタしてる時は1人の看護師が抜けるだけでも非常に大きなリスクになってしまいます。

それでも抜けてしまうので消毒をしなければ気がすまないし誰が何を言ってもすぐに戻りますと言いながら、いなくなってしまうのでやはり困りますね。もちろん潔癖症だということそのものを否定するつもりはありませんし、むしろ他の部分では仕事をしっかりとしてくれているのですが、あまりにも潔癖症過ぎてしまい、ボールペン1本触っただけで消毒にいなくなってしまうし、カルテ一枚触っただけで消毒にいなくなってしまうので、もう少し仕事に集中してくれたらいいのになと思ったりすることもありますね。

■本人じゃないと分からないけど

私は潔癖症ではないので、潔癖症の本人でなければわからない部分がたくさんあると思いますが、やっぱりまずは自分の潔癖症だということよりも仕事を優先して欲しいと思います。むしろ潔癖症の人の場合には自分が納得できるようにしっかりと消毒をしたり手洗いをしたりしなければそれがストレスになってしまうこともわかりますが、そのことによって多くの看護師に迷惑がかかり、場合によっては患者さんに迷惑がかかったりすることもあるのでもう少しその部分を考えてもらえたら助かると思いますね。

消毒をしなければならないという気持ちがあったり、手洗いをしなければ気がすまないという気持ちはわからなくありませんし、もちろん本人にしかわからない部分もあると思いますが、反対に私たち看護師にしてみたら、私たち看護師の気持ちももう少し考えて欲しいと思ってしまう部分になります。本人にしかわからない部分がたくさんあると思いますが、他の看護師が働いている中で一人でも抜けてしまえば職場は回らなくなってしまうし、仕事をしていく上でのバランスが悪くなってしまうからある程度の分までは我慢してもらわないと困りますよね。

マニュアル通り

看護師になるには、看護学校はもちろんのこと様々な研修を受けるのですが、勉強や研修というのはあくまでもマニュアル通りのものになります。しかし、実際に看護師として働きだすと、マニュアル通りではいかないこともあり、自分の中で応用力を持っていなければならないと思うことが沢山あります。

私の場合にはこの様に応用力を持っていなければならないと思っているので、場面場面に応じて臨機応変に対応していくようにしているのですが、中にはマニュアル通りにしか働くことができない看護師さんがいるので、こういった看護師さんの場合には、本当に困ることがありますね。例えば私が指示いることに対して、学校や研修で習っていないなんていう返事が返ってくると帰ってこなくても看護師として働いているんだからそのくらいわかるでしょと言いたくなってしまいます。でもあくまでもマニュアル通りに働いてる看護師さんというのはこういったに場面でも応用が効かないですね。

■言うよりも自分が動いた方が早い

応用がきくようにアドバイスをしてあげたいと思うのですが、忙しい仕事中にアドバイスをするのは難しいので、結局は自分が動いた方が早いと思ってしまい、私ばかりが忙しい思いをしてしまうことがあります。もう少し臨機応変に働いてくれれば助かるのですが余りにもマニュアル通りすぎてしまい、正直なところ全く役に立ってくれないような時もあるし、反対にマニュアル通りの仕事をお願いした時には完璧にこなしてくれるので助かるような部分もあります。

でもやっぱり病院で働いていればマニュアル通りにはいかないことのほうが多いので、もう少し臨機応変に働いてくれるようにならないと思ってしまいますね。ゆっくり時間があればそういったアドバイスをしてあげたいと思うのですが、どうしても看護師が十分に働いている状況というのは少ないので、なかなかアドバイスすることもできないままになっています。働きながら経験を積んで臨機応変に対応するようになってくれれば良いのですが、今のところは一緒に働きだして2年になりますが、いまだにマニュアル通りの仕事しかできないので今後も少し不安に感じてしまいます。

患者を外見で判断

私たち看護師というのはどんな性格でも、どんな外見でも同じように接していかなくてはなりません。しかし中には患者さんをがいけんで判断してしまう看護師がいるために、例えば自分のタイプの患者さんの場合には担当になりたいと言うし、そうではない患者さんに対しては絶対に担当になりたくないなんてわがままを言います。こんなふうに患者さんを外見だけで判断して自分の担当を希望するなんていうのは絶対に良いことではないし、まして少し外見が怖く感じられるような患者さんの担当にもなりたくないとわがままも言うし、わたしは何度も注意しています。

看護師というのは自分の担当の患者さんだけ看護すれば良いというわけではないし、例えば見た目が怖い患者さんの看護をしなくて良いって言う職業ではありませんよね。外見や性格にこだわらず、すべての患者さんに対して同じように接していかなければならないのが看護師ですから上記のように患者さんの外見で自分のわがままを押し付けるような顔をしているのは正直なところ本当に言葉ら悪いかもしれませんが頭にきます。

■患者さんは看護師を選べない

自分のわがままで患者さんを外見で選んでいる看護師っていうのは本当にわがままだと思いますが、患者さんだってもしかしたらこんな看護師に担当になって欲しくないなんて思っていることがあると思います。それでも患者さんというのは担当の看護師を選ぶことができませんから、自分の体調をしっかりと回復させるためには看護師の言うことを聞くしかありませんよね。そんなことも分からずに患者さんをただ単純に外見で判断しているっていう看護師は、私の中では看護師として失格だと思うので先輩看護師ですが、気にせずに何度も注意しています。

確かに自分のタイプの患者さんが入院してくれば担当になりたいと思ってしまうような気持ちはわからなくありませんが、それと仕事というのは全く別物ですから、やっぱり自分の気持ちばかりを前面に押し出してしまって良い訳がありません。それに、そんなふうに看護師がのわがままを言っていて、患者さんの外見で判断いるっていうことは、患者さんは知らないので、そういう部分までしっかりと考えて看護をしなければなりませんね。患者さんの外見で判断して担当になるならないと決める理由はどうかなと思うし、こういった看護師がこれ以上増えてしまわないように祈るばかりです。もちろんこの看護師に関しては何度も続くようであれば何度も私も怒るし、注意をしていくつもりでいますが、本当に患者さんの外見で判断するっていうことがないようにどんな患者さんに対しても同じ態度で接することができる看護師が増えてくれるようにと願います。

夜勤で寝てる

私の職場にはすごく困った先輩がいます。困ったと言っても仕事ができないわけではなく仕事を本当によくできてし、私もすごく尊敬しているのですが、あまりにも仕事を一生懸命するために夜勤になると眠ってしまうんです。もちろんナースコールなどがあればすぐに飛び上がって仕事をするのですが、それでも待機中などになると書類管理などをしながら居眠りをしてしまうので何度も起こすのですが、起こしても起こしてもナースコールがなければ眠ってしまうので、すごく困ります。

私だって看護師として働いているから身体が疲れているのはよくわかるのですが、仕事中だからどんなに疲れてたって居眠りしてはいけませんよね。仮眠をとる時間が決まっているので、その時間に仮眠をとることはもちろん良いと思いますが、仕事をしていて自分のデスクの上で居眠りをしてしまうというのは、いくら先輩でも注意するべき部分だと思っているので必ず注意するようにしています。それでもこの先輩は本当に眠ってしまうので、ナースコールがあったとき以外には私がどんなに起こしても半ば怒った表情で再び眠りについてしまうのでどうしたら良いのかと未だに悩みの種になっています。

■ダメなことは何度でも注意する

起こす度に怒られてしまうので私も嫌になってしまうこともありますが、それでもやっぱり仕事中ですから眠ってしまうなんていうことは見逃せないし、万が一先生がナースセンターに用事があって来る事などがあれば、その場で怒られてしまったりすることがあるので、そういったことも考えて私は何度でも起こすようにしています。確かにお世話になっている先輩だし尊敬してる先輩ですが仕事中に居眠りをするという行為そのものがダメですから、やっぱりダメなものはダメですよね。

仕事が終わる頃になるとすごく疲れていて眠ってしまったということをいつも謝ってくれるのですが、それでもまた再び夜勤になると眠ってしまうので私としても困ったもんだと思っています。仕事を放棄しているわけではありませんが患者さんがお手洗いに行く際にもナースセンターは目に付くし、その時に看護師が居眠りをしていたなんていうことになれば当然大きな問題になってしまう可能性だってあるので、やっぱり私のように注意するのは間違っていることではないと思っています。注意して怒られても、起きてる時間が長ければ長いほどトラブルを防ぐことにもなるし、先輩のイメージダウンを防ぐことにもなると思っているので、これからも居眠りをしてしまった時には必ず起こそうと思っています。

休んでばかり

働いていれば休みが欲しいと思うのはもちろんですが特に看護師の場合には大変な仕事になりますから、休みが欲しいと思うのは当たり前だと思います。でもだからといって他の看護師に迷惑がかかることがわかっていながら自分勝手に休んでばかりいるというのは本当に迷惑だと思う部分ではないでしょうか?私が働いてる職場には実際に自分の休みばかりを優先させてしまい、他の看護師は休みが取れない状況になっていても知らん顔している看護師がいるのですが、病院のバランスなどを考えず自分の自由気ままに休みを取ってしまうので、他の看護師が困っていて、ストレスを抱えている状態です。

休みを取ること自体は悪いことだと思っていないし私だって休みを取ることもありますから、むしろ良い事だと思うのですが、やっぱり順番に他の看護師と平等に取っていかないと不公平になってしまうし、他の看護師から不平不満が出てしまうのは当たり前のことですよね。でもそんなことも考えられずに自由気ままにお休みを取ってしまう看護師は、職場の中でももちろん他の看護師に嫌われてしまう事があり、雰囲気が悪くなってしまう原因です。

■いじめに発展する前に理解して欲しい

私はこのように自由気ままにお休みを取ってしまう看護師に対して冷たい態度をとったりすることはありませんが、先輩看護師などの中には本当に悪いイメージを持っている人がいるのでいずれいじめなどに発展してしまうことがないかと心配する時もあります。万が一いじめに発展してしまうような事があれば今よりもさらに職場の雰囲気が悪くなってしまうし、大きなトラブルに発展する可能性がありますから、そうなる前に自覚して欲しいと思う気持ちがとても強いです。

だからといって順番にお休みを取る事を指摘していても、私の忠告などは聞かずに自分の自由気ままな休みを取ってしまうので他の看護師からの反感はどんどん強くなる一方で、本当にここが心配になります。確かに自由にお休みを取ることができる職場ですが、やっぱり他の看護師との調和も考えていかないと雰囲気が悪くなったり自分だけが気まずい思いをすることがあるので、バランス良く休みを取っていくべきですよね。1人だけその場を乱すような看護師がいるのは困ることだと思っています。例えば3回の休みのうち1度は他の看護師の都合を聞いた上でお休みを取るなどという工夫をしてくれれば良いと思うのですが、こうした姿勢も全く見られないので今後が本当に心配です。

先生と仲が悪い

一緒に働いている看護師の中に、医師に対してとても批判的な意見を持っている人がいるのですが、先生と仲が悪いので私たち他の看護師が働きにくいと感じてしまうことがあります。もちろん一人一人の看護師が思っている意見や考え方、そして先生が持っている意見や考え方というのはまったく違っているものですから時にはぶつかってしまって反感を持ってしまうなんて言う事もありますが、あからさまにその看護師は先生に対して反感の気持ちをぶつけたり態度に出したりするので当然雰囲気が悪くなってしまい、一緒に働いている私たちまで気まずい雰囲気に包まれてしまうことがあります。

特に、患者さんの病室を巡回しなければならないといった場合など、先生とその看護師がペアになると、あからさまに他の看護師に代わってほしいとお願いすることなどがあり、そういった姿を先生も目にしているので自分がその看護師とは気が合わないということは先生も自覚しているようです。それでもやはり先生の方が大人ですから我慢をしてその看護師に声をかけ巡回が始まるのですが、その看護師はあからさまに不機嫌な顔をしながら巡回をしているので、患者さんからのイメージも悪いと思います。

■患者さんには全く関係がないこと

どんなに自分の中で先生に対する反感を持っていたりしても患者さんには全く関係のないことであり、看護師としてはそういった自分の私情を挟まずに看護を行っていかなければならないのに、患者さんの病室を巡回する際に不機嫌な顔を見せてしまうというのら本当に良くないことだと思っています。私も何度か注意したことがあるのですが、どうしても自分の私情を挟んでしまうようで、その先生と一緒に巡回などの日には朝から不機嫌な顔をしています。

敏感な患者さんの場合には、そういった雰囲気もしっかりと把握しますから、他の看護師が巡回に行った時に、その看護師のことを嫌だと言って否定することもあるし、他の看護師にもこうやって迷惑がかかっているということをしっかりわかってほしいと思いますね。社会に出て働いているということはもちろんですが看護師として患者さんの気持ちを最優先に考えなければならない職業なので、自分の気持ちは後回しにしてしっかりと患者さんに接して欲しいと思います。先生との関係については個人的なものだし、反感を持っていることについても、私達が口を出すことではないと思いますが、仕事に影響が出てしまうという部分では本当に困るので私達もこれからさらに注意を重ねていくつもりでいます。

気が弱い男性看護師

私と同期の男性看護師はとても気が弱くて、職場で仕事しながらでもいつも他の女性看護師に押されています。押されているのは決して悪いことだと思いませんが、あまりにも気が弱いために自分の思っていることが言えない部分があり、自分が他の仕事をしている時に他の仕事を強引に押し付けられてしまい断ることができない姿を見ているともう少しはっきりした方が良いのにと思ってしまいますね。

まずはやっぱり自分の仕事をしっかりとこなすことができなければ、誰かに頼まれて仕事をこなすこともできないし、誰かに頼まれて仕事ばかりを優先していても自分の仕事がおろそかになってしまいます。特に男性の看護師が少ない職場などには多いことだと言われていますが、私の同期ら本当に気が弱いので言われた事は何でもハイハイと答えてしまうし、答えた後で後悔したような表情をしていることもあります。

■周りが考えないなら自分がしっかりする

私の場合には同期の看護師の性格をよくわかっているので無理なお願いをしたりすることありませんが、やはり気が弱いために何でも引き受けてしまうということをわかっている先輩看護師などは無理な仕事を押し付けたりしていることがあり、こういった場面を見ていると私はイライラしてしまうようなこともあるのですが、周りがこうしたことを理解することができないのであれば、本人がしっかりするしかないと思っています。周りがわからずに次々に仕事押し付けられてしまい最終的に困るの自分なので、はっきりと断る事も必要ですよね。

それに私の性格上、このようにはっきりと断ることかできない看護師を見ているとどうしても大変な姿を見て助けてしまうようなところもあるので、自分自身の仕事も増えてしまうし、こういった部分でも少し困ってると感じることがあります。はっきりと言うべきところは言わなければならないと思うし、もちろん周りも配慮しなければなりませんが、周りが頼ってばかりの状況の中では自分自身がはっきりと断っていくことも非常に大切だと思います。特に男性ですから気が弱いということを理由にしたりするのではなく、無理なものは無理とハッキリ意思表示をしていくべきではないでしょうか。気が弱い看護師が一緒に働いていると心配になってしまう気持ちもあるし。イライラする気持ちもあるので、私自身もストレスに感じてしまうことがあります。特に先輩看護師などの中には無理なお願いをしてばかりの人もいるので、こういった先輩看護師ももう少し配慮して後輩看護師が大変な思いをしないように協力していくべきではないでしょうか。

合コン好き

仕事が終わってからの時間やお休みの時間というのは看護師はそれぞれに自由に過ごすことができますから、もちろん誰も干渉しません。しかし中には合コンが大好きな看護師がいてこのような看護師は職場にまで合コンの話を持ち込んだりすることがあるので、困ると思います。例えば自分が合コンに参加した話をするなんていうのであればある程度話を聞いたりすることができるのですが、職場の看護師を次から次に合コンに誘ったりするのはやっぱり迷惑だと感じられてしまうことですね。

中にはあまりにも合コンが好きすぎてしまい患者さんから合コンに誘われた時に、危うく誘いに乗ってしまいそうな看護師もいたので、その場に居合わせた私はすぐに話を遮断しました。常に仕事をしていても合コン相手から連絡が来るの待ってたり、ソワソワした様子を見せたりすることもあったのですが、こうした姿というのは誰がみても良いものではありません。

■わきまえることが大切。

合コンが好きだということに対しては否定するつもりもありませんし、その人その人の好みだったり趣味だったりするので良いとは思いますが、やっぱり職場に持ち込んでしまうというのは決して良い事ではありませんよね。プライベートで合コンを楽しんで仕事をする時はしっかりとスイッチの切り替えをしなければ他の看護師さんからの印象が悪くなってしまうし、中にはそういった話が嫌いな患者さんなどもいるので、患者さんからのクレームが出てしまうなんて言う事もあります。

それに職場の看護師を誘うという部分についても、やっぱり嫌がる看護師はふえていて、それでも先輩看護師に誘われると断れず悩んでいるなんていう看護師がいる事も忘れてはならないことだと思います。単純に食事や飲み会に誘っているのとは違っていますから、合コンが嫌いな人がいることや、あまりにも合コンが好きだということをアピールしていると周りの人に軽蔑した目で見られてしまうということを少し覚えてほしいですね。合コンそのものを否定するつもりはありませんが、合コンが好きだからといって合コンを仕事に持ち込んだり、職場の仲間に迷惑かけてしまうというのは良いことではないと思います。どんなに合コンが好きでも、仕事とは切り分けてプライベートで楽しむべきではないでしょうか。もう少し職場の空気を読んで合コンの話をして欲しいと思ったりする事も多々あります。このようにその場の雰囲気をしっかり掴んでいくこと看護師として、そして社会人として大切なことですよね。

体が弱い

体の弱い看護師は周りにいる看護師が迷惑になってしまうというよりも本当に心配してしまうのであまり無理をしないで欲しいと思う気持ちが強くなります。それでも本人は体が弱くても一生懸命に頑張らなければならないという気持ちを持っているので無理をして働くのですが、無理をして頑張っている姿など見ると、私たちをもっと頼ってくれれば良いのにと思ってくれしまいますね。看護師は自分の体調が悪くても患者さんの為に一生懸命になるのはとても大切なことだと思いますが、余りにも自分の体調が悪いのに無理をして働いてしまえば、長期間の休みが必要になったりすることもあるので、周りにいる看護師に頼って欲しいと思ったりすることが沢山あります。

たまたま体調が悪いという看護師等の場合にはその日1日無理して頑張っていてもさほど心配するような必要はないと思うし、私たちもいつものように仕事をするのですが、もともと体の弱い看護師の場合にはどうしても常に心配してしまう気持ちがあるので仕事をしながらでもその看護師のことを気遣ってしまい、必要以上に声をかけたりしてしまうこともあります。

■無理をする仕事ではない。

体の弱い看護師というのは自分の体調を理由にして仕事を休んでしまうのが大きな迷惑をかけると思っていることが多いので、なかなか自分の体調を理由に休んですることがありません。そのために、日に日に体調が悪くなり顔色が悪いなんて言う事も私たちが見ていると分かるのですが、私たちが気を使って少しお休みをしたらどうかと話をしても一生懸命に頑張るという気持ちばかりが先立ってしまい、なかなか休みが取れないというのが現状です。

でも看護師だって人間ですから体調が悪い時には我慢せずにお休みをすることは決して悪いことではないと思うし、無理をしてしまい本当に倒れてしまったりすることの方が大変なので、出来るだけ職場の皆で協力し合いながら頑張ってきたいと思います。体が弱い看護師さんにはもちろん頑張っていかなくてはならないという気持ちが強いのですが、私たち皆で協力しあって一つの職場を維持していくのですから、少し甘えてくれても良いのになんて思ってしまうこともありますね。こうした部分では体の弱い看護師に対して困ることがあります。遠慮せずに周りの看護師である私たちをたよることも大切だと思います。万が一無理しすぎて自分の体に何か大きな病気などが出てしまえばまた大変なことになるので、無理のしすぎは良くありませんよね。

のろけてばかり

看護師だって人間だし特に女性が多いから、恋愛を楽しみながらの看護師の仕事を続けているなんて言う人がたくさんいると思います。実際に私だって恋愛をしながら看護師として働いていますが、なかには自分の恋愛をアピールしていて職場でノロけてばかりの看護師がいます。もちろん仕事そのものはしっかりとしているのですが、患者さんに対してノロけ話を聞かせてしまうような看護師の場合にはとても困ります。

患者さんの中には興味本位で看護師に対して彼氏がいるのか、恋愛をしているのかと聞いてくるような人がいるのですが、こんな時でも多くの看護師が上手に話をそらしたりするものだと思います。でも中にはこのような質問が飛んでくると、待ってましたとばかりに自分の恋愛を次々と患者さんに聞かせてしまい、本当は次の病室に巡回をしなければいけないのにひたすら長々と話をしてしまうなんていうことがあるんです。自分の恋愛がうまくいっていれば確かにノロけ話を聞いて欲しいという気持ちになりますが、ここはやっぱり看護師として自粛しなければならない部分ですね。

■休憩時間やナースステーションでも

このようにのけてばかりいる看護師というのは患者さんの前でノロけ話をしてしまう事はもちろんですが、休憩時間やナースステーションでも他の看護師に対して自分のノロケ話を披露しています。女性同士なので最初はみんな興味本位で聞いているのですが、毎日のように聞いていれば、聞きたくなる人はいませんよね。そのために何度かノロけ話を聞いているうちに誰も耳を傾けなくなってしまいます。

特に職場そのものが忙しいときなどにノロけ話をしていると他の看護師がイライラとしている空気が伝わってくるので、出来るだけ他の話をしようと思ったりすることもあるのですが、一度ノロけ出してしまうといつまでもノロけているのでフォローしようと思っていてもフォローのしようがありません。こうした看護師には本当に何度か困らされた事があります。特に若い看護師に多い傾向にありますが、そうではなく、ある程度年齢を重ねた看護師でも久しぶりの恋愛などが始まると、ノロけてしまう人がいるので、できるだけ仕事には連絡持ち込まないようにして欲しいと思いますね。ノロけたい気持ちはわかりますが、ほどほどにまずは仕事に集中して欲しいと思うし、患者さんにに対して自分のノロけ話を聞かせるなんて言う事も控えて欲しいと思います。